Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お施主様とのストーリー 〜夢を叶えるお手伝い〜

とってもやさしいご主人と、とってもやさしい奥様。
そーんな優しさオーラ満点のお二人とのお家づくりをスタートしたのは、
かれこれ一年と少し前。


初めてお会いした少し後、一通のメールをいただきました。


まだ実物のFolkaのお家を見て頂く前だったにも関わらず、
もちろんお家に、ですがそれ以前にブログなどを読んでくださり
Folkaでなら安心して家づくりを楽しめそう!と
フォルカのスタッフや、考え方そのものに共感してくださった・・
そーんなお気持ちをお伝えくださったメール。

頂いたお言葉もとてもうれしかったですし、
ずっとブログを見てくださって、なにかを感じて頂けていたのかなと思うと
ことさらうれしかったことを覚えています。

Folkaの本当の姿や考え方!?と言えば大げさですが
でも、そんな“地”を知っていただけるような場所になればいいなぁと
綴ってきたブログでしたので、安心したというのもあります^^

まぁ、たいてい取り留めのない内容なんですけれどね。


お打合せの最初の頃には、まだまだ警戒モード?だったこどもさんたちも
日を追うにつれフォルカに慣れてくれ、気付いた頃にはみんな仲良し^^
現場でたーくさん遊びました♪
エア・ままごとや、しりとりもね!
 
あ、エア・ままごとは、
なーんにもないけど間取りだけある!ってことで、
現場で一日の暮らしをエアでひたすらやりました。笑
朝ごはん食べた(ふりした)り〜、学校いった(ふりした)り〜。


お家づくりの期間は長いようで
過ぎてしまえばあっという間。



「まるで夢が叶ったみたい」

最後にFolkaにくださった言葉。

夢を叶えられたのはお施主様ご本人。
でも、もしフォルカがそのお手伝いができたとしたなら
こんな幸せなことはないです。


これからまたお家が育ってゆきます。
Folka一同も、成長をわくわく楽しみにしていますね!
引き続き、よろしくお願いします^^

本当に、ありがとうございました!!



↓どうぞおひとつクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

Folkaのwebsiteはこちら→

 
お施主様とのストーリー 〜引きよせ合う〜
お施主様とは、
不思議な見えない力に引き寄せられたような・・・
そんなことを自然に互いに感じてしまうほど、
なんというか
ぐっと、すっと、心の距離の近いお家づくりをさせていただきました^^

あとからお聞きしたことですが、
Folkaのことは直感的に選んでくださったそうで
もちろん様々ご検討を重ねられた結果ですが、
やはり出会いは出会うべくしてあるのだなぁ・・と思わずにはいられません。


実は、準防火地域・狭小地という制限のある中での計画でしたが
その条件をデメリットと感じることがないくらい、
ご希望を最大限に取り入れることができたと思います^^


最初のご提案の図面から、とてもFolkaを気に入ってくださったんだと
これも後からお聞きして、本当に本当にうれしかった!

本を読まれることがお好きなご家族のみなさん。
みんなで使える図書スペースは、きっと時間帯ごとに
それぞれの快適なプライベート空間に姿を変えることでしょうね♪

奥に見えるのは、ノーコン!(濃紺)のガラススクリーン。笑。
楽しかったお打合せが時々ふっとよぎります!
(・・・というか、最近は濃い紺色を見た私は
 毎回このことが頭に浮かんでおりますヨ。笑。)


奥様が、いろいろと探されて迎え入れられた味のあるガラスケース。
きっとすでに、素敵なインテリアの一部となっているはず♪


娘さんたちも、とても礼儀正しく、楽しく参加してくださり・・・

ベッドの下も有効に使えたら!と、
オリジナルのロフトベッドを造り付けたお姉さんのお部屋と・・・

いや!扉を開けたらすぐにバタンとベッドに倒れ込みたい♡
なんて言うかわいらしい妹さんのお部屋と・・・笑

どちらもキャラクターを表現しつつも(?)
素敵なお部屋に仕上がりました!



信心深いわけじゃぁありませんが、
人って、出会うべくして出会うし、
前に進むべきものは前に進む・・・


こんな想いは、ずーっと心根にあるFolkaです。




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪




FolkaのWebsiteはこちら→



お施主様とのストーリー 〜再会と出会い〜
また、とあるお施主様とのストーリーをひとつ・・・

出会いは・・・実は、“再会”でもありました。

お施主様の奥様とスタッフ・福永は、
かれこれ20年以上も前に
学生時代を共に過ごしたクラスメイト。

家づくりを考えよう!って時期に、
フォルカのことを知ってくれて・・
またそこに私がいることも知ってくれていて・・・
そして連絡をくれたことがはじまり^^
卒業以来といっていい位のタイムラグを経ての再会でした。

いろいろお話しさせていただいて、
たくさん夢や希望も聞かせていただいて、
家づくりをご一緒させて頂けることになりました。

たくさんのこだわりポイントがある中でも、
一番特徴的なのは・・・

やはりリビングにあるブランコかな♪
お嬢さんの夢のひとつでした〜。

リビングの中ですから、
あまり大きくぶらぶら漕ぐわけにはいきませんが
女の子がゆらゆら腰掛ける様子がなんともぴったり^^
とってもステキなインテリアのポイントになりそうです。

お忙しいご主人様も、奥様も、
たくさん考えられて、アイデアを出したり悩んだり・・・
みんなで歩んだ楽しいお家づくりの日々でした^^


「お友達だから家づくりを頼んだのだねー」って
思ったりもすると思います。


でも、私は思うのです。
「お友達だからこそ、頼もうと決心することはとても難しい!」と。


だって

友達だから、言いづらいこととか・・・
友達だから、我慢しちゃうこととか・・・
友達だから、遠慮しちゃうこと。

そのほうが多いかもしれなくて、お願いするかどうかとても不安だと思う。

でも、彼女とその旦那様であるお施主様は
私と、フォルカにそれを任せてくださったのです。


言葉にこそ出しませんでしたが
そのお気持ちをいつでも忘れることのないように!!
お客様として、心から満足していただけるよう
楽しんで家づくりをしていただかなくては、と身の引き締まる思いでした。


もちろん、私だけでなくスタッフのことも信頼してくださり、
終わる頃には私以上に信頼関係を築いてくださったように感じています^^


さぁ!
これから、お施主様カラーに色付いていくお家の変化が
また一層楽しみです。


本当にありがとうございました^^




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪




FolkaのWebsiteはこちら→






お施主様とのストーリー 〜笑顔に包まれて〜
古い物件を大幅にリフォームさせていただいた
“お家づくり”でのストーリー・・・。


家づくりをスタートしたきっかけの日は、
お施主様がフォルカの扉を開いてくださった、あの日。


その日はたしか週末で・・・
別のお客様とのお打ち合わせで事務所に出勤していた
私・福永がちょうどお会いできたのですが、約束の時間が迫っていたため
また別の日程でお約束しなおさせていただいたんでした^^;

快く日を改めてお会いさせていただいたお施主様とは、
その日以来、たくさんたくさん打ち合わせを重ね、
またリフォームならではの、乗り越えなければならない通過ポイントも
なんとかクリアしてきました。


大幅に、と書きましたが、主には内装の一新。
構造体をほぼ触ることなく、間取りもがらりと変えました。

リフォームって、施工前の状態からは
想像も付かないくらい素敵な変化を遂げるので、
新築の場合とはまたひと味違った大きな感動があります。

「完成したときの感動の大きさ」、
それだけは自信を持ってご提案してましたので
その日を目指して、楽しみに頑張ってきました^^

もちろんリフォームだけに、既存の状況に応じて
急遽設計の変更を必要とすることがあったり、
臨機応変な対応が求められたり。。と、大変なことが多いのも確かで
お施主様にも柔軟に対応していただかなければならないときがありますが
信頼して任せていただけていたからこそ
いつでも笑顔でここまでこれたかな、とうれしく思い返しています。

やはり、“好きなもの”が同じもの同士でなければこうはいきません。
Folkaの家づくりの大前提は、いつでもここにあるようです^^


かわいいお嬢さんお二人とも、すぐに仲良くなれて
いまでは私たちを見つけると、
「きゃ〜〜、あーーじーーのーーさぁぁーーーん☆☆☆」
とか
「ひろこおねーちゃあぁーーーん♪♪♪」
とか言いながら、
向こうからかけてきてハグ、ハグ♪
もうかわいいったら。


もともとのお顔のかわいさに反して、
ヘン顔も得意な2人(笑)
毎度毎度、頼まなくても絶妙なタイミングで出してくるので
笑いのツボをつかれます。笑。
このノリの分かった感じは才能!?

打合せ・工事が終わって、
あのお顔を(?)あまり見られなくなるのはさみしいですが・笑
これも長いお付き合いのはじまりですから、
またちょくちょく見せていただきにいければ良いなと思います^^

大切につかってこられたものを
なおして、またつかい続けていく・・・
誰かの気持ちも一緒に大切に引き継ぐリフォーム、
とても素敵なことだなぁと思います。




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪




FolkaのWebsiteはこちら→



<雑貨店からのお知らせ>

6月1日(土) ほぼ終日クローズとなります。
6月1日(土) 午後からクローズとなります
(午前中はオープンできることになりました!)

6月6日(木) ほぼ終日クローズとなります。


スタッフが戻り次第オープンするつもりですが、
時間がはっきりせず申し訳ありません。
記載の日にち以外にも、短時間の一時クローズを
せざるをえない場合がございます。
ご来店を予定くださるお客様は、お気軽にお電話などで
ご確認いただけますと助かります!

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

(予定が変わりましたら、再度お知らせさせて頂きます!)




お施主様とのストーリー 〜実現するチカラ〜
お施主様との出会いは、
Folkaのことを人づてに知って下さったお施主様が
ある日、雑貨店を訪れて下さった時のことでした。

一番最初にカウンター越しに、お話しした場面・・・
いまでもよく覚えています^^


美容室を開業されることを前提に
建築をご検討されていたお施主様。

いろいろなお話をさせて頂く中で、
自然と私たちをパートナーに選んでくださった様な・・・

とってもやさしい雰囲気を持ちながら、
いつも直感とフィーリングで、きっちりご自分に合うものを、
それも正しくチョイスされているような印象のお方でしたから、
こうしてフォルカを選んで頂けたことも、とてもうれしいことでした。


店舗部分の設計は、店主であるお施主様の
ご経験と使い勝手を、特によくヒアリングさせて頂きながらのご提案。

選ぶ素材もたくさんありましたので
迷われることも多かったと思いますが、
楽しく打ち合わせさせて頂いた時間は
私たちスタッフにとってもすごくいい思い出です^^

お会いして間もない頃のこと。
お互いのお話をいろいろとしていた時に感じた
美容師さんとして「お店を持つ!」という夢に対する
とても真摯な想い・・・

一見して柔らかく気さくなお人柄の中に
はっきりと一本芯の通った強さに
なんというか、とても心を動かされたことを覚えています。

同じように仕事をもつ、一人間として
勇気やパワーを貰ったような気がしました^^

夢は見ることも大切だけど、
実現するための推進力を持つことも大切。
それは自分次第なのだなぁ・・・と!
どんな小さなことだとしても、きっと同じなんですよね。


そうそう!
上棟式の時、お餅投げをされたのも楽しい思い出です^^
お友達やご近所の方・・・
たくさんの方たちが来て下さって
とっても盛り上がりました。


空間ができあがってからは、
今度はどんどんお施主様色に育てていっていただくわけですが、
その過程は、私たちにとってもすごく楽しみなこと^^

これから年月を経るほど
味わいと愛着が増していきますように!!


引き続き、どうぞよろしくお願いします♡




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪




FolkaのWebsiteはこちら→
※見学会イベントレポートを掲載致しました。
 合わせて是非ご覧下さい!



お施主様とのストーリー 〜みんな、かぞく。〜
先日お引渡を終えた、
とあるお家のお施主様とのストーリーです。

お施主様との出会い自体は、もう随分と古いもの。
いざ家づくりをスタートするまでの間にじっくりと
“建てたい家”のイメージを固めていかれたお施主様ですが、
そのタイミングを迎えた時、改めてフォルカの扉を叩いて下さいました。

建築用地にもいろいろな手続が必要で、そこからのお手伝い。
難しい言葉がでてきたり、またややこしい手続などもありましたが
めげずに一緒にがんばってくださいました。

間取りをたくさん悩んだり・・・
イメージに合う建材を選んだり・・・
仕上げの色や素材も、ひとつひとつ大切に決めたり・・・


イメージをしっかり持っていらっしゃいながらも、
こちらからの提案に大事に耳を傾けてくださるお施主様との家づくりは、
まさに、お施主様と、フォルカとのコラボでできあがったもの!
という感じがして、なんだか勝手にうれしかったり。。



仕上げが進み、完成したお家の顔をちらつかせはじめた家をみるたび
「かわいい〜!」と喜んで下さっていた奥様。

ちいさなお嬢さんも、ちゃーんと“かわいい”を分かっていて、

「ママ!あれがついてるよ!カワイイ〜♪」

「ママ!!これができてる!カワイイ〜〜♪♪」とにこにこ。
そんなお嬢さんがなによりかわいかったです。笑。


お引渡しのとき。
あらためて完成した家を見たお施主様から、

「フォルカさんで建ててよかった・・・
 本当に思った以上の家になりました」

と、しみじみ掛けていただいたお言葉。
手前味噌ではありますが、本当に本当にうれしく胸に染み渡りました。

私たちはもちろんのこと、
一生懸命より良いものに・・と頑張ってくれた職人さん、
建材を提供してくれた業者さん・・・
お家に関わってくれたすべてのスタッフたちに掛けて下さった言葉ですね。


最後に「フォルカでよかった」と、そう一言いって頂けたことで
すべてが報われて、ほっとして、うれしくて・・・
こちらが「ありがとう」なのに、
なによりうれしいプレゼントをいただいた気持ちでした^^



笑顔でお引渡を終えたあと、
2階にみんなで上がっていた時のこと。

階下に降りようとしていると・・・
お嬢さんのMちゃんが、
スタッフ・福永を「ハイ、おりて〜」と最初に誘導してくれ、
「次がMちゃん(自分)!その次、おじちゃーん(←梶原)」
「で、そのつぎ、パパとママ〜♪」
と順番決めをしてくれて、みんな並んで階段を下りることに^^



一段一段、慎重に階段を下りながら

『みんなかぞく〜^^♪』

ってMちゃん。


Mちゃんにとっては、
きっと何気なくいった言葉のひとつに違いないのですが
なんだかじんわりうれしかった。


お施主様と家族のように・・・
寄り添った家づくりをしたいと思っているフォルカにとって、
それを象徴してくれるかのような一言は、
今度は、Mちゃんからの思わぬプレゼントでした^^


さぁ、これは長いおつきあいのスタート!
何かが終わってしまうようでちょっぴり淋しいお引渡しですが、
またこれからもあらためてよろしくお願いしますね。


本当にありがとうございました!!




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪




FolkaのWebsiteはこちら→
※見学会イベントレポートを掲載致しました。
 合わせて是非ご覧下さい!


<雑貨店からのお知らせ>
明日、5/10(金)は午後からの営業となります。
14時ごろにはオープンできる予定ですが、
どうぞよろしくお願いします。


お施主様とのストーリー 〜2年越しの告白?〜

お家づくりを通じて、長い時間をご一緒したお施主様への
溢れる想い(←笑)やら、忘れたくないおもしろエピソードなどを記した
「お施主様とのストーリー」。

これからお家づくりを考えられる方にも
家づくりの過程の雰囲気など感じて頂けるかな?とか・・・
フォルカってどんな人たち?ってことを少し知っていただけたり・・・
また、お施主様にありがとうの気持ちを伝えたり・・・

そんな記事になればいいなと書くようになりました^^


自然とこのカテゴリーをスタートした時には、
すでにお引渡を終えており、実はまだ書かせていただいていない
お施主様とのストーリーがひとつ。

いつか・・・とタイミングを計っていたのですが、
2度目の春も過ぎ、お家の姿もまた一段とお施主様らしくなってきた今、
素敵な写真と共に、ちょっと書いてみたいと思います。

*******

フォルカができて、一番最初に建築させていただいたのが
こちらのお施主様のお宅でした。

打ち合わせを重ね、いざ着工できるその日が来るまでには
実はたくさんの、本当にたくさんの障害がありました。

きっとお施主様も、私たちの想像を超える程の不安を
抱えていらっしゃったと思うのですが・・・
そんなことは表情にも出されず、ずっと私たちのことを信じて
『ここまで一緒にやってきたのだから、最後まで一緒にやりたい』
そう、迷うことなく言ってくださいました。


実際に工事が決まった頃のこと。

一緒に家づくりできないんだったら、
実は、もう家を建てることはやめようかと思っていました・・・

そう笑顔でおっしゃったお施主様。それは、

『もう、どんなことがあっても、どんなことをしてでも
 このお家を完成させる!!!』

という思いを、改めて強く認識した瞬間でもありました。


・・と。ちょっと重たいストーリーになりかけましたが(笑)

打ち合わせ中はいつものように、ひたすら楽しく笑顔!で^^♪
たくさんたくさんお話させていただきました。

お子様のお姉ちゃん(Sちゃん)とは
もうぷくぷくのちっちゃな頃からのおつきあいで、
弟クン(こちらもSちゃん!)は、ママのお腹にいる頃から知っています。

一番長いお付き合いのスタッフ・福永のことは、「ひろこおねぇさ〜ん♪」
なんて呼んでくれて、もうかわいくってかわいくって^^

担当させていただいた尾崎のことは、「おざきさん」とか「おざちゃん」とか。

味野のことは「あじちゃん」とか、「あっさん」とか(笑)

 たまにご両親が(友達かいっ)と
 小さくつっこんでおられるのが面白かったですが。

梶原はたしかやっぱり「おじちゃ〜ん」です^^



スタッフと、ご夫婦とでお庭のフェンスをつくった
暑い夏の日のことも良き思い出!

そのお庭に、今では綺麗に花が咲き、芝が広がり・・本当に素敵です。


決して大げさでなく、フォルカがこうして今あることの
大きな大きな原動力となったお施主様との家づくり。

このことはいつまでも
スタッフ全員の心から消えることはありません。

これからもずっとずっとよろしくお願いしますね!
本当にありがとうございました。





↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできます〜♪



FolkaのWebsiteはこちら→




お施主様とのストーリー 〜たくさんの思い出〜

こちらのお施主様との出会いは、もうしばらく前のことになります。

あちこちの土地を検討したり、予算を悩んだり
一歩進んだり、いったん休憩したり・・・。

実際のスタートラインにたつまでには、たくさん時間を費やしましたが
実は結構早い段階から、
お互いパートナーとして寄り添っていたような気がします^^

いろんな事をたくさんお話していただいて、一生懸命お応えする・・・
そんなシンプルなことの繰り返しの中で、
いつしか信頼関係を築くことができていたのかな?

優柔不断で・・・なんていつもおっしゃるお施主様ですが、
きっちり一つ一つ考えて決断を下される姿は、とっても真摯で誠実で
ご家族のことを一番に考えた、ご夫婦の素敵なあり方だと思えました。

まだ更地だった頃。

階段ができる前は、はしごを登って。

お仕事帰り・保育園帰りに、いつも寄って下さいました!

漆喰塗り、力を合わせて頑張りましたね!



一緒にお店に照明器具を悩みに行ったり、

お勤めを終え、夕食後の時間帯にお邪魔して日にちが変わるほど打合せしたり、
・・・いや?おしゃべりしていた時間が長かったかもしれませんが(笑)

会社帰りにお子様たちと現場に寄って下さっては、あれこれお話したり・・・


たくさんの楽しい家づくりの思い出が浮かびます!



保育園帰りに現場に立ち寄るとたいてい現場担当の尾崎がいる、
そんな状況に慣れっこになったお子様はお引渡のとき

「おざきさん、ずっといっつもくるん〜?ここにずっとすんでるん〜?」

みたいな感じに(笑)


この感覚は、別のお宅のお子様も同様にあったみたいで

「きょうはおっちゃん、きとるかなぁ〜?」
「きょうはだれがきとるかなぁ〜?」

って言いながら、お引渡が済んだ後も
毎日帰宅してるって教えていただいたことがあります。

なんだかもう、かわいらしくって、愛しくって
でもちょっぴりせつなくって・・・
キュンとしちゃうエピソード。。


それだけ、お施主様とぐっと近い距離にいるという証拠かな。
幸せなことです。
フォルカはスタッフ4名全員で、何かしら現場に関わっていきますので
たいてい最後にはみんな仲良しです^^


*******


楽しくお引渡を終えた直後。

スタッフ・梶原のところへ行って、

「ねぇねぇ、ふくながさんって、何ふくながぁ〜?」
と聞いているお子様の声がっ!

・・・え?ずっと呼んでくれていた『ふくながさ〜ん』って・・・
もしかして、下の名前と思ってた?と、そんなことも判明(笑)


「ボクは、○○(苗字)○○(名前)っていうでしょ?
 ふくながさんは、なに(苗字)ふくなが(名前)??」

ですって〜!!
あぁ、なんてかわいい質問なんでしょう!


こんなに楽しいひとときを過ごす機会が減ってしまうのは
かなり淋しい気もしますが、
ここからが長いお付き合いの始まりです^^
どうぞ末永くよろしくお願いしますね!




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 ランキングの行方をチェックできま〜す♪



FolkaのWebsiteはこちら→
 ※見学会イベントレポートを掲載しました。
 合わせて、是非ご覧下さい!



お施主様とのストーリー 〜笑顔と笑顔で〜

先日完成見学会を開催させていただいたお家。
・・・ということは、無事にお引渡を終えたということでもあります^^

こちらのお施主様とは、また特に時間をかけて
じっくりじっくりつくり上げてきたお家なだけに感激もひとしお。

*******

出会いは、もう数年もさかのぼります。
その間、いろいろなハードルが準備されていて(笑)
きっと、はじめての家づくりを頑張っておられるお施主様にとっては
さぞかし重荷になったこともあることでしょう。

でも。
ずっと笑顔でした^^
いつでも、どんなときでも。
そんなお施主様のおかげで、フォルカも笑顔。
お互いにいつでも笑顔!!

不思議と、いろんなハードルもひらりと飛び越えることができたのは
きっとそんなお施主様の笑顔の力ですね。


様々な事情から、一時は家づくりを断念することや
他社さんでの建築も検討せざるを得なかったお施主様から
あるとき頂いた一通のメールは、いまでもよーく覚えています。

『フォルカと家づくりをしたい』と伝えてくださったあのときの一言が
逆にどんなにか私たちの勇気になったことでしょう。


建築が始まってからも、
いつでもニコニコ笑顔で接してくださるお施主様のためにと思えば
担当させていただいた、梶原も心から一生懸命頑張れました!

完成したお家で遊ぶ、お母さんとお子様の様子を拝見しながら
「あぁこの光景が見られるなんて・・・」と
心の中で幸せをかみしめるフォルカでした(笑)


ここからどんどんとご家族の色に染まっていくお家に
また遊びに寄らせていただくのが今から楽しみです♪


本当にありがとうございました!!



※FolkaのWebsiteに、先日の完成見学会・イベントレポート
 掲載致しました。こちらも是非ご覧下さい^^




↓ぜひぽちっとクリックよろしくお願いします^^
 本日のランキングは!?!?



FolkaのWebsiteはこちら→




お施主様とのストーリー 〜ぎゅっと詰まった一年間〜

先日完成見学会を開催させて頂いたこちらのお家。

お施主様との最初の出会いは、一年前のちょうど春。
たしか雑誌でフォルカのことを知って下さり
最初は奥様がFolkaの雑貨店へと足を運んで下さったこと、
いまでもよく覚えています。

一番はじめにお話をさせて頂いた、あの時のことが
  遠い昔のような・・ ついこの間のような・・・
でも、このギュギュっと詰まった一年間を思い返せば
これが一年だったのかと驚くほどに、
お客様との距離はぐっと近いものになっているように思えます。


お施主様とは、いっぱいプランを考えたり、
資金計画を練ったり、
融資のために銀行手続を頑張ったり。
図面とにらめっこしたり、
色や仕上げを迷ったり。。


打合せを重ねては、それが形になってゆく喜びを
一緒にたくさんたくさん味わってきました^^


こどもちゃんたちとも、今やすっかり仲良しで。

 かじはらさ〜ん(または、おっちゃん^^)=梶原
 ふくながさぁ〜ん=福永
 もじゃもじゃのおっちゃん〜=尾崎
 シャチョー(または、やっぱりおっちゃん^^)=味野


と、顔を見るなりじゃれてくれる人なつっこさには、
打合せが終わって少しお会いする頻度が減るかと思うと
急にさみしい気持ちになります^^


さっそく、お引渡の終わった自分のお部屋にカーテンを!
さすがは女の子ちゃんですね^^



なんだか第2の家族に加わってるような・・・
勝手ながらそんな気持ちでお引渡を終える頃、
これがFolkaの家づくりのカタチで、
それをお施主様もご一緒に楽しんで下さっていたら
何より幸せなことだなぁと、そんな風に考えるFolkaでした。


さてここからは、お施主様らしくお家を育てていって頂く番。
「もう一つの家づくり」のはじまりです。
楽しみにしていますね♪




↓one click,please♪



FolkaのWebsiteはこちら→




**********




ご新築のお客様に、お得なプレゼント企画です。
↑詳しくはこちらをご覧下さい。