Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スペイン旅行記’18 その18 〜さよなら、バルセロナ。〜

sp18-01.JPG

この日の朝は、抹茶ケーキ。

いよいよこのケーキをいただけるのも、今朝がラスト。。

毎日違う味で、けっこう楽しみでした。

 

sp18-02.JPG

盛り沢山すぎたバルセロナを今日出発します。

 

 

sp18-03.JPG

またバスに乗って空港まで戻り

飛行機にて、いざグラナダへ!

 

 

sp18-05.JPG

LCCのチケットだと、びっくりするほど安く

飛行機移動できるのでおすすめです。

 

ただし、LCCがゆえ荷物などは別途料金。

(あらかじめスーツケース1つ分など含めてチケット購入しておくことで

お得な料金設定がありました。)

 

窓口でいきなり預けたりすると、

LCCの良さをかき消すような料金になりかねないのでご注意〜。

 

私たちの前でチェックインしていた女の子たちは

どうやらそのパターンだったようで、

一人プラス€50よ的なことを言われて悲しそうでした。。

 

sp18-04.JPG

空港での多少の待ち時間には、朝食その2を。

フルーツと、フレッシュオレンジジュースと、パンと♪

美味しかったけど、よく考えたら空港価格で割とお値段張りました。

 

sp18-06.JPG

1時間半ほどでグラナダ空港へ到着。

そこから街までは少し距離があるので行き方を悩みましたが、

荷物のことやその他の事情を考慮してタクシーに。

 

sp18-07.JPG

途中、綺麗な山並みに見とれていたら

「シエラ・ネバダ山脈だよ」とドライバーさん、教えてくれました。

 

sp18-08.JPG

年間を通じて雪の残る山脈だそうで、

「Sierra Nevada」で「積雪のある山脈」という意味なんだそうです。

ほんと、キレイな稜線〜。

 

 

ビュンビュン飛ばして、結果20〜30分くらいの乗車時間で

グラナダ・アルハンブラに到着!

 

朝バルセロナのホテルを出て、

お昼過ぎにはグラナダのホテルまでやってくることができました。

 

sp18-09.JPG

ここからは、イスラム王朝の文化も色濃いグラナダ・アルハンブラの世界。

またバルセロナとは違ったスペインの一面が見られるかと

期待ふくらむ一行でした。

 

 

 


旅行記、楽しんで頂けましたら
是非おひとつクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram
 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

スペイン旅行記’18 その17 〜ライトアップ。〜

sp17-01.JPG

夜になり、サグラダ・ファミリアをはじめとする

いくつかの建築がライトアップされるということで、

だいたいそのくらいの時間を目指して

夜の散歩にでかけた時のこと。

 

地下鉄に乗って、

まずは「サグラダ・ファミリア聖堂」へ。

sp17-02.JPG

いや、真っ暗-_-

まだ早い?とも思いましたが、それほどギリギリの時間でもない。

 

「何らかの理由で変更・中止される場合もある」とのことなので、

何らかの理由で変更・中止された模様です。。

 

まぁ、昼間見たからいっかー、とここはあっさり退散。

 

 

sp17-03.JPG

続いて「カサ・ミラ」

こちらは無事?ライトアップされていました。

 

sp17-04.JPG

シンプルな感じです。

 

 

sp17-05.JPG

そして程近い「カサ・バトリョ」

こちらは、海のイメージに合わせてか

ブルーのライトアップ。

 

sp17-06.JPG

なんとも言えないブルーで、

ひときわ浮き上がっていましたー。

 

sp17-07.JPG

 

sp17-08.JPG

白〜水色〜濃いブルーと時間を追って色が変わっていました。

 

sp17-09.JPG

昼間とはまた少し違った雰囲気。

街並みも相まって、とても美しい夜さんぽでした。

 

 

 

 


旅行記、楽しんで頂けましたら
是非おひとつクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram
 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

近況と、これが好き。

昨夜からの雨も上がり、少し前には日が差してきました。

モワ〜ンとした、汗が流れる気候ですねー。

 

この頃は、いろいろなことをちょこまかとやりながら

なぜだかよく分からないけど(これ!って理由が見当たらないけど)

なんとなくバタバタしている感じです。

 

そんな時は、

あれもこれもできていないような気持ちになってしまうのですが、

まぁ焦っても仕方がない、と思って乗り切るようにしておりますー。

一歩、一歩。

 

このところ更新している旅行記も

もうほとんど準備が整っていますので、また続けてUPしていきたいと思ってます^^

いつもよりたくさんの方が読んでくださっているみたいなので嬉しいです。

 

 

ところで。

富澤商店の「ピーナッツきな粉クリーム」。

これ、けっこう好きなんですよねぇ。

 

・・・と、

いきなりですが。笑

 

富澤商店、ネットショップか

岡山だと天満屋の地下で買えるので、

前を通るとたまに買っています。

 

 

近況報告になっているのか?いないのか??

たまには、いつもの「つぶやき」を挟んでみました〜。笑

 

 

 

 

どうぞおひとつクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

 

Folkaのwebsiteはこちら→

 


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

 

 

 

 

 

マンションリノベ、完成。

しばらく前に、ちらっと書いたことがありましたが、

マンションのフルリノベーションをお任せいただいておりました現場を

先日無事に完成・お引き渡しをさせていただくことができました^^

 

旅行記を怒涛の(?笑)連続更新中にも、

現場での作業はしっかりと、様々進めておりましたヨ〜。

 

お施主様こだわりのウォルナットの床、

完全オリジナルの木とステンレスのキッチン・・・

他にもいろいろなところに想いがつまっていて、

とってもかっこよく仕上がっています^^

 

もう、すっかり前の面影は感じられないくらいに♪

 

 

お施主様をはじめとしまして、

マンションリノベの場合は特に、他の住戸の皆様、

管理会社さんや管理人さん、本当にたくさんの方にご理解とご協力をいただき

工事を進めることができます!

皆様のおかげで無事にこの日を迎えられて感謝でいっぱいです^^

 

またもう少しゆっくりと写真もご紹介できればと思っています。

 

 

 

 

どうぞおひとつクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

 

Folkaのwebsiteはこちら→

 


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

 

 

 

 

 

スペイン旅行記’18 その16 〜「カガネル」って?〜

sp16-01.JPG

バルセロナの旧市街で見かけた、こちらのお店。

 

 

sp16-02.JPG

おしりを出したお人形がいっぱい。

ぷぷぷ、と笑って見てましたが、

あんまりたくさんあるし、人の集まり方すごいし

なんか意味があるんじゃない?と

カンのいい、スタッフ・味野。

 

言われてみればとググってみたら、

ありました、ありました。なにやら伝統的なものらしい。

 

伝統的なお話、かつ、お人形さんのお話ではありますが、

そうは言えども、お食事中の方、ごめんなさい。

この先、字面も絵面も不適切かと思いますので、

いまなら読んでもいいかー、ってタイミングでまた見てください。笑

 

 

sp16-03.JPG

カタルーニャ語で、「カガネル」っていうんですって!

(※カタルーニャ州の州都はバルセロナ。この辺りは“カタルーニャ”です。)

 

 

『日本語では、排便人形、クソひり男などと表記される』

 (by ウィキペディア)

 

 

・・・カタルーニャ語の方がよさそうです。。笑

 

 

ヨーロッパでは、イエス・キリストの誕生日であるクリスマスに

キリストの降誕シーンを模した人形がよく飾られていますが、

スペインでも、それを「ベレン」(カタルーニャでは「パセブラ」)

と言って、いろいろなところに飾られています。

その片隅に、カガネル、さりげなく置かれるそう。

 

‘このような奇妙な人形が生まれた理由は定かでないが’

の前置きの後に書いてあったその理由は、

 

 

「便意を催すことでイエス誕生の喜びを表現している、

翌年も豊富に食料があり大便が出ることを期待している、

などの理由とされる」

 

 

・・・うん。ちょっとよくわからない。

特に前半。笑笑

 

 

sp16-04.JPG

カガネルの歴史ははっきりしていないみたいですが、

16世紀には制作された彫像があるそうで、

カタルーニャ地方のクリスマスに登場する風習は

18世紀から続いているのだそうです。

 

 

カガネルは、正面からはそうとわからないようにデザインされていて

一見すると普通の人形と見分けがつかない。

クリスマスには、自宅のどこかに隠したカガネルを

招待客に探させるのが恒例になっているんですって〜。

これは今でも、一般家庭でもされていることなのかな〜??

 

そこらへんの実情については

ほぼウィキペディア情報(←笑)のためわかりませんが、

この先の訪問地で見たベレンの中に、実際にカガネルいましたので

カタルーニャ以外の場所でも登場してるみたいですね。

(↑つい探してしまうようになっちゃいました。。)

 

 

いろいろな文化がありますね〜。

へぇ〜。面白いなぁ〜。

と思ったもので、つい書かせていただきました。

 

失礼いたしました!!

 

 

 

 


旅行記、楽しんで頂けましたら
是非おひとつクリックお願いいたします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram
 

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ