Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フランス旅行記'19 その8 〜アヴィニョンの静かな夜〜 | main | フランス旅行記'19 その10 〜リュベロン地方の村々を訪ねる。〜 >>
フランス旅行記'19 その9 〜事件は夜、起こる。〜

9-1.JPG

さて荷物でも少し整理して、のんびりぐっすり眠ろう。

毎日よく歩くし、宿に帰ればそれなりにくたびれています。

 

というときに、スタッフ・福永の身におきた

スーツケース開かない事件。

 

ダイヤル式の鍵を、合わせても、合わせても、

何度合わせ直してみても開きません。

 

何度も何度もやってみて、

よし、ちょっと寝かせてみよう!

と放置した後やってみてもダメ。

 

前回の旅でスーツケースにサボテンを詰めて帰った私。

今回はスーツケース2個体制で備えており

(今度は何持って帰るつもりでしょうね笑)

幸いといいますか、鍵が開かなくてもそれほど困らないものしか

入っていない方のスーツケースではあったのですが、

それでもなんか落ち着かなくて、もう放っておいて寝よ、、、

という気持ちになるまで割と粘りました。

 

そういえば以前にも、ちょっと調子悪いなこの鍵、

と感じたことがあったものの、

すぐに普通に使えていたので忘れてた-_-。。。

しかし、旅先でスーツケースの鍵が開かなくなるということが

こんなにも致命的だとは。

当たり前すぎてイメージも湧いていませんでしたよ。。

このままでは、なんの役にも立たない

四角いでっかい箱を引きずって歩くハメになる。

もちろん、多少は中に入っているものがあるのでゴミでもない。。。

 

結局は、「明日の朝にはあっさり開くかもしれない」!!

そんなほのかな希望を抱いて眠ったけど、翌朝開くわけもなく・・・

 

朝食の時みんなに相談。

9-2.JPG

その後いろいろやってみてくれたけどやっぱりダメで、

『もう壊してもいいので開けてください!!(キッパリ)』

というところまできました。

 

しかしまぁ、壊せと言われたって、

旅先で何の道具もない状態ではお手上げの味野&尾崎。

と、なりそうだったところで!

なんと、パキン!!と!

開いたーーー♪♪♪

 

爪切りの柄の部分を利用して、尾崎がこじ開けてくれました!

それも、鍵こそ使えないけど、どこも壊れてはいない形で。

(ファスナーが通常通り使えるので、持っていた南京錠タイプの鍵をつければ

開閉も問題なし、施錠までできるという完璧な状態!!すばらしい!!)

どうやら、きちんと施錠された状態でなくひっかかったような感じでの

症状だったということでしょうか。

 

あー助かりました。本当に。

 

この時ひたすら

「リモワ 鍵 あかない」

とか

「リモワ スーツケース ダイヤル」

とか検索しまくったため、

その後当分SNS等のリスティング広告で

やたらとRIMOWAからスーツケースを宣伝される私。

 

 

このダイヤル式鍵のスーツケーストラブル、

結構“あるある”のようで。

 

そんなのどう対策すりゃいいのよ!?と

ぼやいていたら、

「爪切り買えば?(ニヤリ)」ですって〜〜。笑

(by.尾崎)

 

 

みなさまもどうぞお気をつけくださいませ。

とほほ。

 

 

 

旅行記なかなかいいなーと思ってくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします^^

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

 

Folkaのwebsiteはこちら→

 


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

 

 

COMMENT