Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コーモリと冷夏。 | main | 山陽新聞・レディア。 >>
お施主様とのストーリー 〜自然体で暮らすということ〜
戸建ての中古住宅を改装されたお施主様とのストーリー。


きっかけは、ちょうど1年と少し前の
Folkaの家づくり・完成見学会にご参加いただいたこと。

それが、お施主様にとっても
家づくりの入口段階だったと記憶しています。


それから別の機会にお会いしてお話しさせて頂いたり、
いろいろと想いを固めて頂く時期を経て
約1年後には、今回の物件との巡り逢いを果たされました^^



私たちを含む周りの意見にきちんと耳を傾けられながら
いろいろなことをちゃんとご理解されてから
ご自分たちの決断をきっちりとされるお施主様。

せっかく「古いものを直して住む」というご決断をされたのだからと
あるものは活かす、使えるものは使う、という考え方で
メリハリをつけた改装計画は、結果的にコストの調整にもつながりました。


そうは言っても、リペイントした建具やきれいに美装されたサッシなどは
まるでまた息を吹き返したかのように、オリジナルとなって輝きだして・・・
リフォームやリノベーションと呼ばれる工事には
また新築ともひと味違った感動があります^^


お打合せの途中でお聞きしたお話や
お施主様ご自身の柔らかい雰囲気から見て取れるのは
「ナチュラルな暮らし」を楽しまれているご様子。

ナチュラルって言葉は、何かとよく使われますが
本当の意味で・・・
 自然な、
 自然体な、
 自然を暮らしに程よく取り込んだ、
うまく表現できませんが^^;

きっとここで、そんなお施主様らしい素敵な暮らしが始まるのだなぁと
うれしく思いながら工事をさせて頂いていました。


新しいお家に移られてすぐの頃にお邪魔した際。

小さく手足をパタパタされたり、お家の中を控えめに駆ける息子さんをみて、
「うまく表現するのが苦手だけど、この子今とっても喜んでます〜」
と教えて下さった奥様^^
私たちと少し久々な再会を喜んでくれた照れ屋さんな息子さんに、
こちらもその喜びをうまく表現できなかったFolkaですが、
(↑オトナなのに・笑)とーってもうれしかったです♪


少しずつ、ご自分たちでも手を入れていかれる予定のお家が
これからまた変化していくのを私たちもとても楽しみにしています!

ありがとうございました^^



↓どうぞおひとつクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

Folkaのwebsiteはこちら→


 
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK