Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
フランス旅行記'19 その28 〜ル・コルビュジエをめぐるーロンシャンへ〜

フランスの東の端、ストラスブールへ行けるなら

もうちょっと足を延ばせば、あそこへも行けるのでは?

(いや、むしろここへ行けることが旅程を決めてないか説。)

 

ル・コルビュジエ建築、“ロンシャン礼拝堂”を目指します。

正確には「ノートルダム・デュ・オー礼拝堂」です。

 

近代建築の巨匠、ル・コルビュジエ。

この名を聞けば自然と、建築を学んだ一学生時代を思い起こし

特別な思いが蘇ります。

(て、すんごい学んだみたいに言ってすみません。)

 

28-1.jpg

7時半前の列車でストラスブールを発ち、途中2回ほど乗り換えて

10時前にはロンシャンの駅に到着の計画。

 

事前に調べたところによると、

タクシーなどいない無人のロンシャン駅から礼拝堂までは

約2キロほどのハイキング?(山の上なので行きは上り坂)

が必要ということで、

状況によっては手前の大きめの駅から

タクシーというのも選択肢の一つみたい。

今回は、全員の足を信じて列車+歩きで行くことにしました。

 

28-2.JPG

車内では、前日マルシェで買ったプレッツェルを朝食に。

 

28-3.JPG

(やっぱその場で食べなくちゃですね〜、少々固い。。笑)

 

ちなみに列車はすべて予定通り運行されました!!

 

28-4.JPG

この頃はいい感じの車窓の風景なんですが、

 

28-5.jpg

着いた頃にポツポツときてしまいます。。

小屋のような小さな駅舎。

 

28-6.jpg

準備周到な尾崎の折りたたみ傘を

私・福永が借りてしまったがゆえ、

尾崎はレインコートでございます。ごめんなさい〜。

 

28-7.jpg

険しい道とかでは全然ないんですけど、

まぁ日頃の運動不足がたたって息が上がります。笑

 

28-8.JPG

さて、30分ほど歩いて到着した

「ノートルダム・デュ・オー礼拝堂」

 

28-12.jpg

 

28-13.jpg

戦争で爆撃を受けた古い礼拝堂が、ル・コルビュジェの手によって

生まれ変わったもので、有機的で自由な曲線を多用したデザイン。

 

28-10.JPG

コルビュジェ後期の最高傑作と言われているそうです。

 

28-9.JPG

 

28-11.JPG

あ〜たまらん。(笑)

 

28-14.jpg

せっかくなので写真多めで。

 

28-15.jpg

こちらは敷地内の別の建物で「巡礼者の避難所」。

礼拝堂の建設労働者の住まいとしてコルビュジエが建てたもので

1990年代までは巡礼者が数日間宿泊することができたそうです。

 

28-16.jpg

内部はコルビュジエの時代から

ほとんど変化してないんですって〜。

 

28-17.JPG

他にもいくつかある建物を見たり、

写真を撮ったりしながらゆっくりと過ごしました。

 

28-18.jpg

帰りの列車もたくさんあるわけじゃないので、

狙った便を逃さぬよう時間を読みながらまた山を下って駅まで。

 

28-19.jpg

ちょっとだけ待って無事やって来た列車に乗り込み、

ホッと一息。

 

最初の乗換駅(Belfort Bille)につくと・・・

なにやら様子がおかしい??

 

むむむ、これはどう見ても列車が走ってない感じ。

ひしひしと伝わってくる人々の喪失感。

言葉はいらないんですねぇ〜。。

 

・・・なんていってる場合じゃなく、

はたして宿まで辿り着けるのか!?!?

次の列車を調べなきゃなので

こういう時は片言でもゴリゴリ駅の窓口で聞くしかない。

お互いに言いたいことは想像できるので通じ合えるものです。笑

 

結局2時間後まで走る列車なし!

絶賛ストライキ中〜〜。

28-20.jpg

・・・ということで、乗り継ぎの列車まで確認したら

とりあえず駅前のお店のランチ営業にぎりぎり滑り込み、

ハンバーガーで腹ごしらえ。

 

ちなみにこれ、本当にギリギリセーフで

お店のお姉さんが、帰りかかってる厨房のお兄さんを引き止めてくれて、

ハンバーガーならいいよ、ってこしらえてくれまして。

ハンバーガー作ったら、お兄さん、帰って行きました〜。

ごめんね〜〜!!

 

28-21.jpg

で、そこからは駅の小さなカフェスペースで時間つぶし。

 

このロンシャンへの移動は

南仏〜パリ間のTGVなどと違ってローカル線だからか、

あらかじめチケットを取っていても

キャンセルを知らせるメールなんかは届かなかったです。

駅で知る感じ。

 

まぁ偶然か?計算されてるのか?はわからないけど、

あの、ロンシャンの駅みたいなところ(無人駅&周辺なにもなし)で

乗る予定だった列車が欠便、、、

みたいな憂き目にあわずに済んだ事だけは、心から感謝。。

 

28-22.jpg

それでも、間違いなく行ってよかった!!行けてよかった!!

実り多き冒険の1日でした^^

 

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その27 〜アルザス料理とアメリカーノと。〜

27-1.JPG

ストラスブールでの夜。

せっかくなのでアルザス料理が食べたい!ということで、

評判の良さそうなレストランに目星をつけて

とにかく向かってみることにしました。

もちろん予約はしていません!!(全然自慢じゃない。)

 

待ってるかなぁ?入れないかなぁ??

とお店に来てみたら、なんと食事をしてるお客さんは1組だけ。

まじで?(大丈夫かしらん??)となりかかったけど、

予約?と聞くウェイターさんの手には予約リストっぽいものがありそうだし、

席には案内してもらえそうだし、まぁとにかくお食事してみましょ♪

 

27-2.JPG

アルザスワイン

 

27-3.JPG

前菜の中に、キッシュ・ロレーヌ

(※奥のプレート。サラダの横の黄色い三角の。)

 

27-4.JPG

シュークルート

(※右のソーセージが見えるプレート。)

塩漬け発酵したキャベツを豚肉とともに白ワインで煮込み、

腸詰類と盛り合わせたアルザスの代表的な料理だそうです。

 

27-5.JPG

ギャートルズ的なお肉。

 

27-6.JPG

ヨーグルトとベーコンのなにか。

 

27-7.JPG

デザートにクグロフ(右端)も。

名物料理がたっぷり盛り込まれた美味しいお食事♪

 

27-8.JPG

店内は食事している間にもみるみる埋まっていって

最終的には満席の大賑わいになってました。

デザートを聞きにくるあたりからはむしろやたらと忙しそう。

やはり、評判通り人気のお店だったようです!

 

なかなかつかまらないウェイターさんに

ようやく頼んだ飲み物を待っていたら、

 

・アメリカーノ

 (エスプレッソだと量が少ないのでたっぷり普通のコーヒーを求めて。)

・カフェラテ

・紅茶

 

の注文に対して、

 

・エスプレッソ

・紅茶×2、届く・・・笑

 

まぁえぇかぁ〜、と思ったんだけど

せめてエスプレッソだけは

アメリカーノに変えてもらえるかな〜?と言ってみたら

一旦エスプレッソを下げて向こうの方まで行ったウェイターさん。

くるりと踵を返して

てく、てく、てく

「アメリカーノっ!」(※そのままのカップで)

 

って、いやすぐもってきたでしょそれーーーー笑

見てたからーーーー笑笑

 

一杯呑んでるし、もう、そんなことがおもしろくて

みんなでケタケタ笑ってそのまま美味しくいただいてきました。

 

27-9.JPG

もしかしたら私たちの間違いで

あれはこの店のアメリカーノかもしれないし、

発音が悪すぎて実は注文通りかもしれないし、

 

27-10.JPG

楽しくて美味しくて大満足の夕食でした♪

 

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その26 〜ストラスブール、夜編。〜

26-1.JPG

ストラスブール、街中がキラキラの

クリスマスの飾り付けに溢れています。

 

26-2.JPG

そうそう、この時期この辺りのホテルは

本当に取りにくかったです!

考えてみれば、クリスマスマーケットの季節。

ストラスブールにとってはハイシーズン・・どころか

トップシーズンですよね〜。

 

26-4.JPG

街も大変な賑わいでした。

運良く旧市街中心にあるノートルダム大聖堂すぐそばの

コスパのいい宿が取れたので、気軽に宿に戻れて助かります。

夕方一度休憩してから、

暗くなってきた街へと再び出かけました!

 

26-3.JPG

なんと美しいのでしょう。。

 

26-5.JPG

夜の街並み、めちゃくちゃ綺麗。

 

26-6.JPG

マルシェには、シュトーレンにプレッツェル・・・

アルザスはお菓子の街でもあるので

魅惑の甘いものたちが私を呼んでいます。。

 

この後レストランにも行きたいし、、とお土産に買ったり

明日の朝食用に買うことで、なんとか買い食い欲求は抑えたんですが、

26-7.JPG

このお店のおいしそ〜うなマッシュルームが

気になって、気になって。笑(これがまた大盛況だし。)

一度は通り過ぎようとしたんですが、

いや!もう二度と来ないかもしれないのにそりゃないわ、

と思い直して、みんなで分けっこすることにしました。

 

26-8.JPG

美味しかったのでぺろり。食べといてよかったです。

 

 

マルシェといえば・・・

 

スタッフ・尾崎のかぶりものシリーズ。笑

またコレクションが増えてましたよ。

 

26-11.jpg

ストラスブールの街の鳥・幸せを運ぶコウノトリ。

(のは、写真撮り忘れ。↑こんな感じのかぶりものです。)

 

26-9.JPG

それを買ってすぐに見つけたユニコーンは即決でしたので

どうやらこっちの方がビビビときたようです。笑

(一つのマルシェで合計2つのかぶりものお買い上げ〜)

 

26-10.JPG

2020年の年始には

ご家族みなさんでかぶって初詣へと出掛けたそうで。

全員分揃ってる・・・ってことには驚きません。

えぇ、そろそろそんな気はしてました。笑

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その25 〜ストラスブール 、昼間編。〜

25-3.JPG

パリから東へ。

そう、タイトルの通りストラスブールヘと向かいます!

 

・・・ところが、予約していたTGVは

運行が確定するという前々日の17時に確認したところ

どうやら欠便の模様。。

しかも、いい振替の便が全然出てこなくて、

全く反対方向へいったん移動してから向かう、みたいな

おかしな移動しかできない!?

 

2時間足らずで行けるはずの移動に、

乗継時間も合わせて5時間以上かけるルートです。。

でもまぁ日中のうちに目的地には着けるわけなので、

あとの予定を考えたらこれしかないかぁ。

前向きに捉えれば、同じ料金(振替は追加料金なしでできました)で

行く予定のなかったところに行けるんだし、

まーいっかー!と、超楽天的にチケット振替え。

 

でもちょっとだけ、

みんなを5時間列車に詰め込むのは引っかかっていて、

振替えた後もなんとなく、何度かスマホからチケット検索してました。

すると、次の日だったか?当初の予定通りのルートで

時間だけずらせばOKという列車が出てくるように!!

 

あっぶねぇ〜笑笑

あのまま甘んじて受け入れてたら

これを知らずに5時間遠回りルートを行くところだったぜ。

 

25-2.jpg

こんなわけで、朝少しだけ早く出発すればOKということに。

メトロは(ストで)走ってなくて、

タクシーでパリ東駅・Gare de l'Estへ。

 

25-1.jpg

絵本の世界みたいな車窓の風景に降り注ぐ

朝日がとてもキレイ!

 

25-4.JPG

当初の予定より早めの午前10時ごろには無事、

アルザス地方・ストラスブールへと降り立ちました。

あんなにキラキラした朝焼けを見ながらやってきたのに、

こちらは雨上がりの感じでした^^;

 

25-16.JPG

ヨーロッパ1とも言われる、

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル。

 

25-14.JPG

街中にいくつものマーケットが開かれています。

 

25-15.JPG

場所ごとに雰囲気も内容も少しずつ違っています。

 

25-8.JPG

アルザスはもみの木のツリーの発祥の地とも言われているんだそう。

 

25-9.JPG

 

25-10.JPG

コロンバージュと言われる木骨組みの建物が特徴的で、

南フランスとも、パリとも全く違う家々。

 

25-11.JPG

ドイツとフランス両国の間で揺れ動いた

この地の歴史を物語るものでもあるそうです。

 

25-12.JPG

地面に接する部分が狭くなっているのは、

その昔、1階の面積で税金が決められていたからとか。

 

25-13.JPG

世界遺産・ストラスブールの美しい街並みを

とにかくぐるぐると歩いて存分に楽しみました!

 

25-19.JPG

 

25-18.JPG

赤、白のヴァンショー(ホットワイン)に

ショコラショー(ホットチョコレート)。

 

25-17.JPG

vinがワイン、chaudが熱い、chocolatはご存知チョコレートですね。

温まります〜。

 

25-5.jpg

ストラスブール大聖堂。

朝一はまだもやがかかってました。

 

25-6.JPG

 

25-7.JPG

 

25-22.jpg

ヨーロッパの冬といえば、焼き栗も食べたくなります。

 

25-23.jpg

カラ入れをもらったら、

捨てるのもったいないくらいカワイくないですか?!

 

25-24.jpg

 

25-20.jpg

25-21.jpg

何かの足跡(ペイントです)に誘われて歩いてみたり。

ストラスブールの街の鳥、コウノトリかな〜??

 

25-25.JPG

だんだんと暗くなってきたら、

昼間の顔とはまた違った、雰囲気たっぷり楽しげな景色が広がります。

 

長くなりましたので

次のお話で、夜編をお届けしたいと思います!

 

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その24 〜パリでの一夜。〜

24-1.JPG

アヴィニョンを出発したら、TGVで北上。

 

24-3.jpg

のどかな風景が広がる車窓を楽しみながら、

一路パリへと。

 

24-2.jpg

旅におやつは必須!?

この列車は予定通り走りました^^

 

24-4.jpg

南フランスからのTGVは

パリ・リヨン駅に到着するということで、

パリでの拠点はリヨン駅近を条件に。

 

24-5.jpg

ホテルに落ち着いたらもう夕刻なので

とりあえずぶらりとパリの街を歩きがてら

どこかで夕食でもと出掛けました。

 

24-6.JPG

セーヌ川越しに眺める風景がいかにもパリ。

雰囲気あります。

 

24-7.JPG

道路はひどい渋滞で、

ドライバーのイライラは歩道にまで伝わってくるし(笑)

地下鉄がほぼ走ってないため歩道は歩く人でいっぱい。

自転車でビュンビュン走りぬける人も多いし、

レンタルの電動キックボードで移動している人も多い〜。

 

最初は、帰宅ラッシュの時間だから?都会だし?と思えた喧騒も、

数日過ごせばすぐに分かりましたが、完全なるストライキの影響でした。

 

24-8.JPG

夕食はベルギーのレストラン

Leon de Bruxellesでムール貝など。

 

24-9.JPG

これはフィッシュ&チップス。

 

24-10.JPG

 

24-11.JPG

ワッフルやらフルーツやら

デザートまでしっかりいただきました〜。

 

24-12.JPG

帰りにちょうどいいメトロのラインは

朝夕の通勤時間しか運行していない線で、

運行している1号線の駅まで歩いて

(自動運転の1号線と14号線のみ通常運行していました)

そこからメトロでホテルまで戻りました〜。

 

一晩だけパリに滞在したら、

大きな荷物を預けて(また戻ってきます!)

この後、ぐぐっと東へと向かう予定です。

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その23 〜アヴィニョンの宿。〜

23-1.JPG

アヴィニョンで宿泊したのは「Hotel Boquier」。

エレベーターもないくらいの小さなホテルです。

 

23-4.JPG

ここに決めたのは、駅や旧市街からのアクセスの良さと

朝食の評価(←Folkaはなぜかこの評価が大好き。笑)と

それにもちろん総合的な口コミの良さで選んでみたのですが、

実際とてもアットホームでいいお宿でした!

 

オーナーさん(多分)がとってもフレンドリーで親切。

到着が遅れてレセプションが閉まってしまうといけないと

ストライキのことを心配して事前にメールをくれたり、

途中で列車を振り替えたことや到着予定時刻の連絡を入れた際にも

すぐにレスポンスがあって、なんだか安心できました。

 

23-2.JPG

そうそう。

リュベロン地方にショートトリップへ出かける際には

その間スーツケースを預かっていただくお願いをしていたのですが、

なんと今回、出かけている間もそのまま部屋を空けておいてくれて

戻ってからも同じ部屋をつかっていいよと。

荷物は部屋に置いて行けるようにしてくださったのです!!

 

23-3.JPG

観光シーズンとしては閑散期にあたる時期だからこそでしょうが、

予約の仕方から私たちの予定を想像して

あらかじめそんな風に手配しておいてくださったということですよね。

感激でした!!

 

大きな荷物を持ってお部屋までの階段を

登ったり降りたりせずに済んだので本当に助かった〜〜。

 

23-6.JPG

評判通り朝食も美味しくいただきました!

 

23-7.JPG

フランスらしい軽めの朝食ですが

パンやフルーツも美味しかったし、

 

23-8.JPG

ホームメイドだよ〜、という2種のジャムがとても美味しくて

みんなでたっぷりいただいちゃいました。

 

23-9.JPG

朝食のダイニング。

 

23-5.JPG

素敵に設えてありました!

 

 

出発の日。

チェックアウト後、荷物をレセプションに

置かせてもらって街歩きへ出かける時も、

 

 「TGV(帰りの列車)何時?」

 「それはキャンセルにならなかった?」

 「タクシー予約しとこうか?」

 「TGVが○時なら、う〜んと、○時半でどう?(タクシーの時間)」

 

とか、適度な距離感で気にかけてくれて

とても居心地良かったです^^

 

23-10.jpg

気ままで人懐っこい看板ねこちゃんもいます。

かわいい。

レセプショニストだよ〜♪って言ってました^^

 

23-11.JPG

お世話になりました!

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その22 〜アヴィニョン散歩。〜

22-1.jpg

プロヴァンス・リュベロン地方の小さな村々のご紹介も終わり、

もう少し大きな街・アヴィニョンの風景を。

 

リュベロン地方へのショートトリップの起点として、

アヴィニョンにはその前後に滞在する計画でした。

 

というわけでここは、到着日の夜、また戻ってきた日の夜、

そして出発前の午前、という感じでちょこちょこと街歩き。

「アヴィニョン歴史地区」として街自体が世界遺産です。

 

22-2.JPG

朝の時計台広場。

まだ静かですね。

 

22-3.jpg

法王庁宮殿。

 

22-4.JPG

その奥の坂道をずっと上がっていくと・・・

 

22-5.jpg

サン・ベネゼ橋(アヴィニョン橋)。

ロシェ・デ・ドン公園からの眺めです。

 

22-6.JPG

古い街並みがとても美しい〜。

 

22-7.JPG

そこら中が歴史の感じられる佇まいです。

 

22-8.JPG

緑に覆われた、中央市場にぶらり。

 

22-9.jpg

パン屋さんや、

 

22-10.jpg

美味しそうなおかずなどもいろいろあったけど

残念ながらまだ朝食で満腹〜。

 

22-11.JPG

水路の脇の石畳を歩いて・・・

 

22-12.jpg

 

22-13.jpg

 

22-14.jpg

 

22-15.jpg

途中こんなアート?!もありました。

歩道が水面に。

 

22-16.jpg

歴史の街、アヴィニョンの風景あれこれでした!

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その21 〜素敵すぎた。プロヴァンスの宿。〜

21-1.JPG

今回は車(レンタカー)があるということで、

村や街の中心部に限らなくても移動の心配はないかな〜と

ちょっとだけ範囲を広げて探し予約していたプロヴァンスでの宿。

 

21-2.jpg

ルールマランの中心部から

車で5分も走らないところにあるゲストハウスなのですが、

これがなんとも贅沢で、オススメすぎる宿でした!!

 

21-3.JPG

「Mas Jolie Garrigue」

(どうやって発音したらいいか、いまだに分からないのが

 申し訳ない限り。。笑)

 

21-5.JPG

いかにも南仏らしい邸宅を綺麗に改装してあって、

メゾン・ドットとかシャンブル・ドットとか呼ばれるものに

あたるのかな〜と思うのですが、

お部屋は一つ一つ別の入口から入れるようになっており

 人のお家に泊めていただくような感じほど気兼ねがなく、

 ちょっとだけこの辺りに暮らすような気持ちにもなれる、

という絶妙なバランスが最高です。

 

21-12.JPG

風景もまさにプロヴァンスの田舎のそれ。

こういうところには、本当は1週間とか10日とか

何をするでもなく滞在するのが本来の楽しみ方かもしれません。

 

21-4.JPG

敷地が少々奥まっていたため、日が暮れてから到着した際には

場所がわからずウロウロ、くるくる、あわや不審者!?

 

ちょっと一旦ひらけた道まで戻ろう!と諦めかけたところ、

ホストの方が気づいて車で追いかけてきてくださいました〜。

 

21-8.JPG

お部屋、それぞれにインテリアの雰囲気が違うので

取り合い・・・はさすがにしませんが(笑)

順番に回って各々の部屋を決めました。

 

21-9.jpg

LEDのライトって、写真に撮ると

見た目より極端な色に写ることがあってとっても難しい。。

このお部屋はオレンジにしか写らない〜!!笑

 

21-10.jpg

シャワーに浴槽に・・水廻り、かなり充実。

 

21-11.JPG

お部屋のテラス。

 

21-6.JPG

 

21-7.JPG

ここは二階に別のお部屋がありそうでした!

 

21-13.JPG

 

21-14.JPG

ダークカラーがアクセントなお部屋や・・・

 

21-15.JPG

 

21-16.JPG

天井の高いこのお部屋も素敵。

 

21-17.JPG

贅沢です。。

 

 

21-18.JPG

それから素晴らしかったのは朝食。

 

21-19.JPG

お部屋を出て奥にある

おしゃれなダイニングスペースでいただきます。

 

21-21.JPG

美味しいパンと、絶対手づくりのジャムと、美味しい紅茶と・・・

 

21-22.JPG

ホストのカップルがとても素敵な方で、

インテリアやテーブルセッティングなどもハイセンス。

 

21-20.JPG

それに、言葉のちゃんと通じない私たちに

色々な話をしてくれるとても優しい方で。

くつろぎの時間を過ごさせて頂きました!

 

あぁ〜また行きたい。

 

 

旅行記、楽しんでくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

 

フランス旅行記'19 その20 〜ルールマランの夕餉。〜

20-1.JPG

この近くに滞在するということで、ある日の夕食は

ルールマランでどこかいいレストランに行当たれば・・・

と、ぶらぶらお店探し。

 

広場にあった3つほどのレストランの口コミを一応チェックして

その中の一つに行ってみることに。

 

お店のお兄さんがとっても親切で、

もうその時点でアタリ。

来月日本へ行くんだ〜って言ってたけど、

ぎりぎりコロナ騒動前に日本旅行、無事できたかなぁ?!

 

日本好きだよ!行ったことあるよ!

今度行くんだよ!とか伝えてくれるフランスの方、

結構いらして、そういうのってやっぱり嬉しいですね^^

 

20-2.JPG

前菜のスープ。

(かぼちゃだったかな〜??)

 

20-3.JPG

お店のお兄さんにおすすめを聞いたら、

ビーフ、ポーク、鴨!それぞれにしたら?って

アドバイスしてくれたので、肉食フォルカたちは

喜んでそのように。笑

 

20-4.JPG

実際にどれもとても美味しくて、大満足〜♡

 

20-6.JPG

記念写真も撮ってくれました。

 

20-5.JPG

あまり写ってないけど、バーカウンターでは

一杯やってる地元の方々が盛り上がってて賑やか。

 

20-7.JPG

温かな灯りのともった夜の村も

また一段と雰囲気があって素敵でした!

 

 

 

旅行記まだまだ読みたい!と思ってくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

フランス旅行記'19 その19 〜a good year!〜

今回ちょいちょい話題にしている映画、

「プロヴァンスの贈り物」。

(旅に出る前に見ました。)

 

プロヴァンスにぶどう農園を所有するリドリー・スコット監督が

「ブティック・ワイン」(メジャーな市場では無名であるにもかかわらず

その品質の高さによって高値で取引される希少生産ワイン)の噂話を

30年来の友人、作家のピーター・メイルに持ちかけたところ、

その話を元にピーター・メイルが小説を執筆。それを原作に

リドリー・スコットが映画化することになったのだそう。

 

19-6.jpg

ラッセル・クロウ主演で、

“チャーリーとチョコレート工場”のフレディ・ハイモアも

主役の少年時代の役として出演してます。

 

この映画の原題『a good year』は

ワインづくりにおける「当たり年」の意味なんですって〜。

 

というわけで、

ワインがストーリーに関係していることはご想像の通り。

 

あらすじまでは書きませんが、現代人の心をほぐしてくれるような

ほっこりとしたお話と映像が楽しめますので、

機会がありましたらぜひ^^

 

さて、

長い前置きになりましたが。

 

19-5.JPG

ルシヨンからルールマラン方面に向けてドライブしていた時。

窓の向こうにさーっと通り過ぎた光景と一瞬目に入った小さな看板が、

・・・ん??

映画の中に見た風景と重なったような!?!?

 

半信半疑でGoogle マップで

いま通り過ぎた場所を調べてみると・・・

そこは「Chateau La Canorgue」(シャトー・ラ・カノルグ)

なんと、映画の舞台となったシャトーでした。

※Bonnieux(ボニュー)辺りです

 

調べおいたわけでもなく、窓の外を

それも、そっちサイドを見てなきゃ気づかなかった

という偶然の出会い。

(いや、見てても気づいたのは我ながらすごいかも。笑

 ほんと一瞬でしたから。)

 

19-2.JPG

というわけで、その日は通り過ぎちゃいましたが

翌日ワインを買いに行ってみよう!ということに。

 

19-4.JPG

4世代にわたり同じご家族がぶどうを栽培しており、

有機栽培には1970年代から取り組んでいる先駆者だそう。

伝統的な製法で生産しているワインは評判も高いみたい!

 

19-3.JPG

映画で邸宅として登場した建物なんかもありますが、

そもそも、映画のロケ地であることがウリなわけでなく

ワインを求めに来る方のために開かれた場所なので、

心の中でワクワクしつつも、節度を忘れず〜。

(ワインを買いに来た方だけが中に入れます。)

 

19-1.JPG

それぞれに選んで購入してみました^^

どこかでワインは買いたいな〜と思っていたので、

思い出になる買い物ができ、嬉しい偶然の出会いでした。

 

 

旅行記まだまだ読みたい!と思ってくださった方は

ぜひおひとつクリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
 

Folkaのwebsiteはこちら→


 Official Facebookページ


Instagram

 

JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

 

 

*******

 

Folkaの事務所

2020年8月12日(水)午後〜8月16日(日)

 

Folkaの雑貨店

2020年8月8日(土) 〜8月16日(日)

 

上記の期間、夏期休業を頂戴いたします。

期間中に頂戴いたしました、

ご連絡・お問い合わせ・資料のご請求等につきましては

17日以降、順番にお返事させていただきますので、

少々お待たせする場合もあるかと存じますが

何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。