Folkaからのお知らせや日々のなにげないできごとを綴っています
NY旅行記 最後に。
エピソードごとに記事にしてみたら
いったい何日行ってたんだ?ってな、
思わぬ大連載Diaryとなってしまいました。
長らくお付き合いありがとうございました!

今回、ほんの短い時間ではありますが
いろいろなものを見たり、聞いたり、体感したり。
「経験」という財産を、また少し蓄えることができた様に思います。

経験は国内外を問うものではありませんが、
“世界を見る”ということには一つの大きな意味を感じます。
そして、同じ方向を見て歩んでいるFolkaの4名で体験できたことにも。


実はまだまだ訪れたいところは溢れ出ていまして・・・。
できれば時々、こうして世界に飛び出していけるように
またがんばっていきたいと思っています^^

数年前から聞いている計画によると、
今年は確かホノルルを走るという話!?
それも実現できるといいのですが!

学んだことをいい方向に生かしつつ
2012年も進化を続けるFolkaでありたいと思います。


ありがとうございました!




FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その15 〜食べ物編〜
よくばりFolkaは、おいしいものも外せません^^
今回食したものをハイライトで。

出発前にがっつり日本食!



行きの機内食 〜その1〜

行きの機内食 〜おやつ〜

行きの機内食 〜その2〜



マクドナルドは体験しておかないと。



SHAKE SHACKという評判のハンバーガーショップ。
ほんと、おいしかった!




マーケットのスープバーで
ロブスターのスープやクラムチャウダーを。
安くて簡単!






朝食特集。
サンドイッチなどなど。どれもおいしかった〜!




どど〜ん。THE・アメリカ!のステーキ。





NY1おいしいと言われている
Clinton Street Baking Co.& Restaurant
のパンケーキとエッグベネディクト。


世界弾丸トラベラーにも出ていて気になっていた
↑のパンケーキのお店は、行列待ち・・・><
みんな付き合って待ってくれました!




オイスターバーで牡蛎やシーフード。
ニッポンのぷりぷりとろとろカキとはちょっと違って、
つるっとあっさり!でした。



どれもNY旅行を計画なさったことのある方には
定番のベタなところばかりなんですが。


帰りの機内食 〜その1〜

帰りの機内食 〜おやつ〜

帰りの機内食 〜その2〜



さて、戻ってから体重計は・・・
いったいどういうことになっているでしょう。






FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その14 〜APPLE STOREへゆく〜
ニューヨーク5th Ave.(五番街)のアップルストア、
24時間営業なんです。
コンビニじゃあるまいし。何するんだかって思うんですが、
時間のないツーリストにとっては
深夜にもぷらっと行けるってのはうれしいものです。


FreeのWi-Fiが使えるというので、メールの送受信などにいいかも!
って思っていたのに、実際にはアップルストアでは
接続試してみるの忘れていました・・・。


Folkaたち、アップル愛好者でもありますので、さんぽ さんぽ。


ガラス張りのきれいな箱に吸い込まれていくと、地下に広がる空間。
なんだか不思議な感じでした。

店内には自由にさわれるipadがたくさん置いてあります。

ひひひ。FolkaのWebsiteではありませんか。
もちろん、このまま置いてきたらしいですよ。


そういえば、ちょうど行った時に
お店の奥から店員さんに見送られて出てきた青年。
店内中からの拍手で見送られながら帰っていったのですけれど・・・
あれはいったい誰だったのだろう。
有名人だったのかもしれませんが、全く分からずでした。
気になります・・・。

何やら買い物する味野。



そうそう。
ちなみにニューヨークではコンビニってほとんど見かけませんでした。
かわりに、コンビニみたいに、ドリンクとか軽食とか気軽に手に入る
デュアンリードっていうドラッグストアがたくさんあって
こちらが24時間営業ってところが多かったみたいです!







FolkaのWebsiteはこちら→





NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その13 〜I ラブ NY〜
誰の胸にも深く刻まれて、忘れることはできないあの日のこと。
ワールドトレードセンター跡地、グラウンド・ゼロと呼ばれたあの場所に
9.11MEMORIALとして巨大な慰霊碑ができています。


ちょうど10年目となった昨年9月から
事前申し込みをした上で一般にも公開されていて、
今回予約をして訪れてきました。


細かい時間刻みで予約を受け付けていて、
入り口あたりは特に、ものすごーく厳重な雰囲気。
セキュリティチェックもしっかりあります。



まだ工事中の部分の仮囲いの間を抜けるようにして
慰霊碑のところまで進むと、巨大な滝がふたつ。
あのツインタワーの跡地です。



周囲には、あの日突然行く先を絶たれてしまった、
また勇敢に命を懸けた、
たくさんの方々の名前が刻まれています。

思想や、難しいことは分かりませんが
ただただ、失われた尊い命に黙祷・・・。


(予約は公式サイトからできます。
 入場は無料で、任意で寄付をするようになっていました。)


*********


9.11メモリアルを出たところにあるショップで
わずかばかりの寄付と、これも寄付の足しになるかと買い物を。

「I ラブ NY」Tシャツの、9.11カラーバージョン。
これはここでしか買えないってことだし、4人で4色それぞれ買いました。
・・おソロかよっ(笑)
いつか揃ってお披露目したいと思います。


「I ラブ NY」のデザインは、ニューヨークの街中に溢れていて
ベタ・土産の代名詞のようですが、これが案外かわいいんですよね。
置き換えると、「ニッポン万歳」と書いてあるようなもの?
ニッポン万歳にはまったく異論はありませんが、
さすがにTシャツは買わないでしょうかね(笑)



こちらはI ラブ NY デザインの原画。(at MOMA.)


I ♥ NEWYORK!





FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その12 〜NYでHARLEY SHOPへ行くの巻〜
そう。味野のことです。お分かりですよね。

アメリカって聞いたときから、密かにうずうずしていたようです。
こちらの日記でも紹介しないわけにはいきません(笑)
これといって事件はおこりませんが、
これからニューヨークでハーレーショップを訪ねるかもしれない方に
お伝えしておかなくてはならないそうです。
(そんな方が本当に見てくださっているとうれしいですが・・・)


スケジュール的に、お店を訪ねることのできるチャンスは1回だけ。
このチャンスは逃せません。
あらかじめショップの場所はチェック済みで、
迷うことなく辿り着くことができました。


店内をいろいろと物色。

残念だった(らしい)のは、
こちらの店舗には、ウェアや小物類は充実していたのですが
パーツ類は置いていなかったこと。
う〜ん。残念でした。
(重くても、持って帰ろうとたくらんでいたのに。)


でも、May I Help You?と寄ってきてくれたおにいさんに
しっかり、パーツはないの?と確認していたので間違いありませんね。

「パーツは近くの別のショップに置いてるよ。ここからそんなに遠くないよ。
 タクシーで○分くらいだよ。住所、教えておこうか?」

と、ちゃっかり教えてもらっていました。

が、残念ながらそちらのお店を訪ねられるほどの時間はなく
今回はこれにて終了〜。


店内にはプレゼントを選びに来ているような女性もたくさんいて
普通のファッションブランドのショップとあまりかわらない感じ。
場所柄なのか?思いの外、入りやすい感じでした。


おのぼりさんらしく、記念写真もばっちり撮って
これにてハーレー訪問記、終了です!






FolkaのWebsiteはこちら→





NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その11 〜グッゲンハイム〜
信じられませんが、短い日程の中で美術館4つも回りました。

信じられませんよね・・・。

当然じっくり鑑賞することは叶いませんが、
どうしてもちょっとでもその空間を体験したくて
スケジュール詰め込んじゃいました。

もちろん、おすすめのコースでないことは言うまでもありません(笑)


でも、そのどこもいろいろと感じたり吸収したり・・・
それなりに楽しんできました。

映画「ナイトミュージアム」でもおなじみのアメリカ自然史博物館
ここは大人でも心から楽しめます。
満足するには・・・丸3日くらいはかかるかも^^;



実はほとんど見られていません・・・リベンジしなくては><



近代〜現代にかけるアートは、より身近に感じられ
とてもおもしろいです^^



中でも、
フランク・ロイド・ライトの建築−グッゲンハイム美術館は、
建築を志すものなら、誰しも少なからず興味をもつ建物であり、
その中に足を踏み入れ、感じることができるとは・・・感激でした。







目線で切り取るどの場面も計算されている、と思えるようなそんな空間。


くるくるとカタツムリのような・・・と言われる外観の内側は
建物に沿った回廊になっていて、
スロープを上りながら展示物を鑑賞できるようになっています。


訪れたときの展示物。


じゃん。
・・・・・・・・。

なにやら前衛的な現代アート。
あいにく、その解説を理解することができていないのですが
何かしらの風刺はびんびん感じます。



あの空間を、上から・下から覗き込みたかった気持ちも
なくはないですが(笑)
まぁ、こうなったら一緒に楽しむしかありません。


そうそう。関係ありませんが。

このうずのまん真ん中で、味野のデジカメくんがお役目を全うしました。
見上げた一枚を撮影しようとしたとき、ぐしゃっと地へ^^;
もうダメっぽいな。とすぐに分かる機械音・・・(笑)
残念な事件現場でもありました。


さて。今度また訪れることができたなら
どこも1日かけてじっくり鑑賞してみたいものです!



I'll be back!






FolkaのWebsiteはこちら→






NY旅行記'11 comments(2) trackbacks(0)
NY旅行記 その10 〜建材いろいろとショップの話〜
今回の旅の中で、もっとも大切な目的のひとつは、
いろいろな建材をこの目で見ること。


ドアや窓、トイレやタイル・・・






それにホームセンターにも時間を割いて立ち寄り、
その品揃えに興奮気味。



エコ建材ばかりを集めているところも見学してきました^^



何よりデザインや色の幅がものすごく多岐に渡るところが
日本の建材の作り方と違うところだなぁと思います。




つまみ一つとってもこのラインナップです^^;


フォルカの家づくりでも、建材については
かなり幅広い中から自由にお選びいただけますが、
でも、本当はこんな風に実物を一気に見ていただけると
選びやすいのかもしれませんね。
・・・いや?!
こんなにあったら逆に選べないか・・(笑)


*******


建材ではありませんが、
スタッフお気に入りとなったショップをご紹介。







ビンテージの食器や、オリジナルデザインの商品など
主にテーブルウェアのお店です!


そして、写真がないのですが・・・


洋服+雑貨のお店で、
特にキッチン雑貨や布モノがとってもかわいい♪


どちらもものすごーく楽しいショップで、
見せ方、魅せ方・・・いろいろと
勉強になる部分が大きくありました。


もしもNYへ行く機会がある方は、
ぜひともコースへ組み込んで下さいね!
このDiaryを読んで下さっている方なら、きっと誰でも
大好きなショップになることと思います^^




FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その9 〜ブルックリンのこと〜
ニューヨークはマンハッタン島から少し外れた、ブルックリンエリア。

そのブルックリンで行われているBROOKLYN FLEAという蚤の市に
今回たまたま日程が合うということで、楽しみに行ってきました。

ただ、あまり情報のないこちらのイベント。
英語のサイトを読解して得た情報だけで、
本当にやっているのか?!少々不安(笑)


やってました、やってました!

古い銀行だった建物で、ロケーションもすごく雰囲気があります。

こちらは地下の昔の金庫。
すんごい扉がついてます。


今流行のヴィンテージのお洋服などもたくさんありました。


すべてをゆっくり見られる程の時間はありませんでしたが、
それでもぽつぽつと戦利品をゲット。



アンティーク・ブロカント、ハンドメイド品、雑貨、ヴィンテージ、食品・・・
といった様々なラインナップで、とても楽しかったです。

ここ、今おしゃれなニューヨーカーたちが集まる
話題のフリーマーケットみたいです!


*******

この後、もう一つ楽しみにしていたのは、ブルックリンブリッジ。
写真では暗くて分かりづらいですが、レンガ造りの橋脚が素敵なのです。


ブルックリンからマンハッタンへ架かる橋で、
車道の上を、人と自転車も通れるようになっています。


対岸から見るマンハッタンの夕景や夜景が見られたらいいなぁと、
元気があれば歩いて渡ろうかという計画でした。

・・実のところ全然元気はなかったので(笑)
もう少しで割愛しそうになりつつ・・






せっかくだから!と、がんばって何とかたどり着きました^^


ついてからは、もうその絶景に夢中♪
疲れも忘れて、しっかり歩いて渡りきりました!


『このビル群の中の窓に「HAPPY HOLIDAY」って書いてある!』
(by.kajihara)
って。
見つけるの、すごくないですか?

近寄ったって分かりませんね。
真ん中の少し低いビルの上の方なんですが。


いや〜とにかく絶景!
夕方〜夜のブルックリンブリッジ、かなりオススメです♪


マンハッタンとは少し違った雰囲気のブルックリン。
今回はほんのちょっとしか知ることはできませんでしたが
どちらも訪ねることができて、いい経験になりました!






FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
NY旅行記 その8 〜エスパニョール疑惑〜
あるショップのレジにて。
「あなた日本から来たの?」と聞かれる福永。
対して
「あなた、エスパニョール(=スペイン人)?」と聞かれる尾崎(笑)


また別の日、別の場所にて。
通りすがりの外国人に、
「お前、エスパニョールか?」と聞かれる尾崎・・・

ま、まじですか(笑)

これはもう疑いようがありませんね。
尾崎、エスパニョール疑惑急浮上です。


*******

ところで。
アメリカで、スタバやハンバーガーショップなどで注文して待つとき
名前を聞かれます。
注文ができたら名前で呼ぼうってことみたいです。

このシステム、慣れないので最初びっくりしたのですが
答えたところでどうせまともに伝わりません。


おいしいとの評判のハンバーガーショップ
SHAKE SHACK」でのこと。


聞き取られた名前がレシートに打ち込んであるので
見てみると・・・

梶原= まさし→MASHA(なんかかっこいい)

味野= ひろと→KIOKO(ぜんぜん違うけど)

福永= ひろこ→KIOKO(もはや聞き分けられていない)

尾崎= わたる→YATADU

・・・エスパニョール=オザキ・ヤタデュ−誕生です。
なんかおもしろいぞ。



そんなヤタデュー。
なぜかアニマルタイプの毛糸の帽子を気に入り・・・


ついにマーケットで見つけたこちらをお買い上げ(笑)
バッファロー的なツノに加えて、モヒカン付きです。



さっそくかぶって歩いていますね。


・・・しばらくすると帽子を脱いでいる尾崎。
「あれ?脱いだんですか?」と尋ねると、
「ここの街はそんな雰囲気じゃないんだもん」と。

確かに、とってもおしゃれ雑貨ショップに立ち寄ったところだったのですが
意外とあっさり空気を読んでいたところがまた面白かったです。


*******


ちなみにこの帽子。

帰国後、尾崎家で人気のおみやげとなったようで

友人との食事にかぶって出かけたり、
初詣にもかぶっていったり。(←本人が、です。)

こどもたちも大喜びらしく。

ノリで買ったけどかぶるときないよっ。
ってなるのだろうという、
他3名の予測をきれいに裏切ったみたいです(笑)





FolkaのWebsiteはこちら→





NY旅行記'11 comments(6) trackbacks(0)
NY旅行記 その7 〜グリーンマーケット〜

こちらのマーケット。
ユニオンスクエア・グリーンマーケットという地元でも人気のスポット。
ちょうどホリデーマーケットも一緒に開催されていて、
(この日はおそらくいつも以上に)とても賑やかでした!





グリーンマーケットは、新鮮な野菜やら卵やら
パンやジャム、ピクルス屋さん、チーズやワインまで・・・
近隣州から集まった農家の人々が出店するファーマーズマーケット。


ホリデーマーケットの方には、ハンドメイドものやら
多国籍な雑貨やら、おいしそうな食べ物のブースもありました。

ユニオンスクエアのグリーンマーケットで是非!との
またまたガイドブック情報で、
「ホットアップルサイダー」なるものを飲んでみた一行。

「サイダー」といっても、炭酸ではないんだそうです。
あたたかいアップルジュースにスパイスを加えたもので
ちょっと意外なようですがおいしくいただきました♪



ショップがどこも本当に素敵!


ここが日本なら買いたい瓶モノやリースなどもたくさんです。


それに、出店の仕方やブースの演出もすごく参考になりました。

こんなマーケットが日本でもできるといいなぁ!




FolkaのWebsiteはこちら→




NY旅行記'11 comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>